速報
アニマル・癒し
新着
    
燃えさかる炎の中から子猫の声が?!撮影中のカメラマンが危険を顧みず火の中に救出へと飛び込んだ!
2023/07/04

広告

ある日アメリカのノースダコタ州で火災が起きました。その現場で火事の様子を撮影していたカメラマンのカルロス・パチェコさんが炎の中から子猫の声が聞こえるのに気づき助けに飛び込みました。救出されたもののケガをした子猫たちを懸命に治そうとする人々の愛情に心を打たれます。

火事の現場へ駆けつけたカメラマンのカルロス・パチェコさんは撮影中に炎の中から子猫の鳴き声が聞こえたため声のする方を見ると火の中に閉じ込められた子猫を発見しました。子猫を助けようとしたところあまりにもの熱さになかなか近づくことが出来ません。しかし、カルロスさんはケガをすることを覚悟しながら自分のジャケットで体を保護しながら子猫のいるところへ近づき救助しました。

子猫たちはすぐに保護施設の「キャッツ・クレードル・シェルター」へ連れて行かれ救急病院で手当てを受けました。

この子が後に「ピィ」と名付けられた子猫で4本の足に重度の火傷を負っていました。

この子は「マンニ」と名付けられた子猫で火傷はありませんでしたが、煙を吸い込んでぐったりとしてたのですぐに酸素室へ入れられました。

広告

2匹ともひどい状態だったため助かるかは分かりませんでしたが、2日後になるとピィの足の火傷も回復を始め、マンニも快方へと向かいました。

いつも一緒だった2匹は病院内で別々だったためにとても寂しそうでした。

しかし、2匹は退院し施設で一緒になるととても幸せそうな姿を見せてくれました。抱きしめ合う2匹はとても微笑ましいですね。

ピィはまだ足にギブスをはめていますが、元気に走り回っています。燃えさかる炎の中から勇気あるカルロスさんのおかげで生還した子猫のピィとマンニ。ピィとマンニは養育ボランティアさんの元で暮らしていますが、里親さんに引き取られる年齢になったらカルロスさんが引き取りたいと言っています。ハッピーエンドですねww

広告

引用元:https://nekopple.com/cats/62818,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

ネットワークビジネスの勧誘を、一言で黙らせたセリフが話題に!
2023/07/03
私有地に。『家庭菜園予定地 土を固められると困ります 侵入禁止(可愛い泣き顔つき)』看板を設置→じい「そろそろ掛かってるハズだから行ってくるw」私「え?」→衝撃の光景が…
2023/06/27

広告

常識を軽くブッ壊してきた「無敵の大型新人」たち 5選
2023/06/27
噂の「クセつよ店員の珍接客」が期待以上だった4選
2023/06/27
迷ったときに読み返したい「年長者の言葉」がめっちゃ沁みる… 4選
2023/06/27
笑顔になっちゃう!親子の漫才(笑)5選
2023/06/27

広告

こんな先生だったら尊敬できるよね5選
2023/06/27
【マジ注意】大学生「畑で野菜作ってるお爺さんお婆さんに話しかけると、高確率で野菜や米をもらえてお得」 → 農家側から見たら◯◯◯でしかなかった… 「絶対真似しないで」
2023/06/27
警視庁が新しく採用した警察犬がけしからんレベルの可愛さだと話題に。。。。
2023/06/27
「新婚さんいらっしゃい」で血縁者同士で子供をつくった夫婦が登場。その闇が深すぎる…
2023/06/27