速報
アニマル・癒し
新着
    
保護されたとき後ろ足がなかった子猫が見つけたロボット掃除機ルンバ!これって動くのに便利だにゃあ
2023/07/12

広告

子猫のキャシディはカナダのブリティッシュコロンビアで発見され保護されたとき後ろ足が不自由でした。施設のスタッフがケアを色々と考えてくれました。そしてキャシディが移動手段として見つけたのがロボット掃除機ルンバ。ルンバに乗ってスイスイとあちこちご機嫌に移動しています。

カナダの動物保護団体『タイニーキトン』に保護されたときに生後2か月くらいで後ろ足の切断面が感染症のため傷つき衰弱していた子猫のキャシディ。

獣医師の話では後ろ足は出産時に臍帯が足にからまり母猫が取ろうとして間違って足を噛みきったのではないかとのことです。普通なら安楽死を勧められるほどキャシディは衰弱していました。しかしキャシディの生命力と施設のスタッフの懸命な看病の甲斐があり奇跡的に回復をしました。さすが奇跡の子猫です。でも後ろ足がないので移動するのが困難なキャシディです。そんなキャシディのために車椅子がプレゼントされました。

キャシディは車椅子を上手に使って移動していましたが、車椅子は場所の移動には便利ですが取り外しが大変です。

広告

そこでキャシディはロボット掃除機ルンバを見つけ移動手段にすることを思いつきました。

キャシディはルンバに乗って自分の行きたいところへ行きます。目的の場所に到着するとスッと難なく降りることができます。車椅子のときのようにいちいち器具を取り外すことも不要です。

とってもご機嫌なキャシディ。ご満悦です。ときどきルンバの急な動きもへっちゃらみたいですね。

面白いコスチュームを着けてもらっています。今の飼い主さんは施設のスタッフのシェリーさんですが、本当に大事にされているのですね。キャシディはまだ後ろ足の治療をしているそうですが、これからもいっぱい幸せになってほしいですね。

広告

引用元:https://nekopple.com/cats/53778,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

ネットワークビジネスの勧誘を、一言で黙らせたセリフが話題に!
2023/07/03
私有地に。『家庭菜園予定地 土を固められると困ります 侵入禁止(可愛い泣き顔つき)』看板を設置→じい「そろそろ掛かってるハズだから行ってくるw」私「え?」→衝撃の光景が…
2023/06/27

広告

常識を軽くブッ壊してきた「無敵の大型新人」たち 5選
2023/06/27
噂の「クセつよ店員の珍接客」が期待以上だった4選
2023/06/27
迷ったときに読み返したい「年長者の言葉」がめっちゃ沁みる… 4選
2023/06/27
笑顔になっちゃう!親子の漫才(笑)5選
2023/06/27

広告

こんな先生だったら尊敬できるよね5選
2023/06/27
【マジ注意】大学生「畑で野菜作ってるお爺さんお婆さんに話しかけると、高確率で野菜や米をもらえてお得」 → 農家側から見たら◯◯◯でしかなかった… 「絶対真似しないで」
2023/06/27
警視庁が新しく採用した警察犬がけしからんレベルの可愛さだと話題に。。。。
2023/06/27
「新婚さんいらっしゃい」で血縁者同士で子供をつくった夫婦が登場。その闇が深すぎる…
2023/06/27