速報
アニマル・癒し
新着
    
児童書にもなった種族を越えた友情実話!!子猫の世話をし続けたカラスとは
2023/07/12

広告

カラスは子猫を傷つけることが多い、子猫にしてみたら天敵です。ある日、コリート夫妻の庭に迷い込んだ子猫と近くに居たカラス。そのカラスは子猫を傷つけることはしませんでした。それどころか、子猫にごはんを与え水の場所を教え世話をしていたのです。若い2匹だからこそ起きた感動の友情実話です。

アメリカ合衆国、マサチューセッツ州に住むコリート夫妻の住む家の庭に生後3ヶ月ほどの子猫が迷いこんでいました。夫妻は子猫がお腹を空かせていると思い、ごはんをあげてみますがあまりお腹の減っていない子猫。まだまだ自力で獲物をとるなんて難しいはずの子猫。どのようにしてごはんを食べていたのかと言うと、この子猫の近くに居た1羽のカラスのお陰だったのです。

カラスはよく、子猫を傷つけたりしますがこのカラスは違いました。子猫にごはんを与えてお世話していたのです。ごはんを与えてあげるだけでなく、水の場所を教えたり子猫が道に迷いそうな時は鳴いて教えていたカラス。夫妻はこの2匹に名前をつけました。子猫はキャシー、カラスはモゼと。

広告

とても仲良しなキャシーとモゼは一緒に遊んだりもします♪お散歩したりジャレあったりいつも一緒。

やがて、夫妻に慣れた2匹はキャシーは夜は夫妻の家で過ごし朝になるとモゼが迎えに来るという生活になりました。

キャシーとモゼの生活は5年間続きました。

なぜ5年だったのか、ある日モゼが飛んで行ったきり戻ってこなかったからです。それぞれの生きる道を選んだのかもしれません。

この感動的な実話は児童書となり2011年に出版されました。

猫とカラスの種族を越えた友情物語。嘘のような本当の話しです。

広告

引用元:https://nekopple.com/cats/50297,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

ネットワークビジネスの勧誘を、一言で黙らせたセリフが話題に!
2023/07/03
私有地に。『家庭菜園予定地 土を固められると困ります 侵入禁止(可愛い泣き顔つき)』看板を設置→じい「そろそろ掛かってるハズだから行ってくるw」私「え?」→衝撃の光景が…
2023/06/27

広告

常識を軽くブッ壊してきた「無敵の大型新人」たち 5選
2023/06/27
噂の「クセつよ店員の珍接客」が期待以上だった4選
2023/06/27
迷ったときに読み返したい「年長者の言葉」がめっちゃ沁みる… 4選
2023/06/27
笑顔になっちゃう!親子の漫才(笑)5選
2023/06/27

広告

こんな先生だったら尊敬できるよね5選
2023/06/27
【マジ注意】大学生「畑で野菜作ってるお爺さんお婆さんに話しかけると、高確率で野菜や米をもらえてお得」 → 農家側から見たら◯◯◯でしかなかった… 「絶対真似しないで」
2023/06/27
警視庁が新しく採用した警察犬がけしからんレベルの可愛さだと話題に。。。。
2023/06/27
「新婚さんいらっしゃい」で血縁者同士で子供をつくった夫婦が登場。その闇が深すぎる…
2023/06/27